ワキガは手術で改善できる

ワキガを治す効果的な方法は手術をすること

臭いケア

ワキガは、回りの人に気づかれたくない症状であり、自分でも嫌な思いをするものです。

 

また、自分がワキガであることに気づいていない場合もあります。

 

気づかないうちにワキガの臭いを漂わせていることで、人間関係で損をしているというケースもあります。

 

ワキガであるという事実に気づいた時には、適切な対応が必要ですが、症状によって対応策は色々です。

 

汗をふき取ったり、制汗スプレーや、クリームをこまめにつけることで、臭い対策をしているという人もいます。

 

臭いを少なくする方法は汗をかいたりすると、たちまち臭ってしまうことがあるので、根本的な改善にはなりません。

 

皮膚科の病院ではワキガの治療を行っていますので、ワキガの治療を希望する人はまず受診してみましょう。

 

病院で行われるワキガの治療方法としては手術があり、ほぼワキガの匂いが感じなくなります。

 

脇の下にあるアポクリン汗腺という汗腺を手術によって取り除くことで、ワキガの原因になる物質の分泌を減らすことが可能です。

 

高い治療効果が期待できることから、大勢の人がワキガの手術をしています。

 

ワキガの手術として、アポクリン汗腺の除去はよく知られていますが、手術費用は各医院によって異なっています。

 

ワキガの手術方法や治療費用などは事前のカウンセリングを受けて、しっかり確認しておくことをおすすめします。


ワキガで悩んでいる方は手術によって改善できる

独特のワキガ臭は、アポクリン汗腺から分泌される汗の量が多い時に起きやすいといいます。

 

普通の汗と違って、アポクリン汗腺にはアンモニアや脂質、たんぱく質などが含まれています。

 

これらの成分が分解される時に、菌が増殖して臭いを出します。

 

多くの人が、ワキガ体質を気にしているようです。

 

その背景には、ワキガの臭いは人を嫌な気持ちにすることがあります。

 

最近では、様々な制汗剤が売り出されていますので、ワキガの臭いを抑えるために、様々な商品が利用されているようです。

 

ワキガ対策用のデオドラント商品を使用してみても、なかなか改善されない場合には、手術によって改善する方法をおすすめします。

 

エステの美容施術ほど費用がかからないのは、心強い点です。

 

ワキガの手術には、保健を使うことができるのです。

 

保健を使えるのは疾患の治療の相当する時だけで、担当医がワキガの症状を認めれば治療も可能になります。

 

まずは専門医にワキガの症状を確認してもらって、治療には手術が必要なのか、他の手段を用いるかを確認します。

 

もしも、ワキガ手術をするなら、することはアポクリン汗腺を除去することです。

 

ワキガ手術は、メスを使う手術になりますので、手術痕を気にする人もいるかもしれませんが、じっくり見ないとわからないくらいのごくごく小さな切れ目になります。

 

アポクリン線の取り残しなどがあれば、せっかく手術を受けたのにまだ匂いが残っていたりと再発する可能性があるので、信頼できる病院を選ぶことが大切です。

 

前評判や、一足先にワキガ治療を終えた人の体験談などを参考にして、カウンセリング時に聞いて見るといいでしょう。

ワキガの症状によって異なる手術の方法

一人一人のワキガの症状ごとに、適切な手術のやり方は変わってきます。

 

現在はクリームやスプレーなど、ワキガを抑える商品が幅広く販売されていますが、残念ながらそれらの方法はワキガを根本的に治すものではありません。

 

専門の病院で診察をしてもらい、ワキガの手術を受けることが、ワキガ対策では重要になります。

 

治療方法はワキガの度合いによって大きく異なり、最も軽度なワキガの場合では、飲み薬や塗り薬によって臭いの問題を解決できることもあります。

 

病院で処方される薬をつけたり、飲んだりするだけでは期待した効果が得られないという場合は、電気を通したり、ボトックスを注射したりします。

 

特に症状が重い場合は、手術を受けてワキガの原因となる部位を除去する必要があります。

 

手術の方法にもいろいろあり、メスを使って皮膚を切開するかどうかも常用なポイントです。

 

よく行われているワキガの手術法は剪除法と言われるもので、ワキガを治療し、身体へのダメージも小さく済ませることができます。

 

場合によっては手術跡が残ってしまったり、傷口が閉じるまでに時間を必要とするというデメリットが、剪除法にはあります。

 

メスを使わないワキガの手術では、脇の下に穴をあけ、専用の管を通してワキガの原因部位を吸い取るという方法があります。

 

傷跡は小さく抑えられますが、切開を行わないため、完全にワキガの原因となるアポクリン腺を除去しきれない場合があります。

 

ワキガの手術では、超音波を照射してワキガの原因となる細胞を破壊する方法や、カミソリ状の器具を使う皮下組織削除法なども存在しています。

 

自分のワキガ症状を治療するにはどういった手術が適当なのか、診察を受けて、説明を聞き、納得することが、ワキガ手術では大事です。

page top