家庭用脱毛器と医療機関での脇の脱毛の違い

家庭用脱毛器でする脇の脱毛処理

ボディケア

家庭用脱毛器は、ムダ毛のケアが簡単にできるために、数多くの女性が使っています。

 

女性ならば、脇の脱毛は身だしなみも同然です。

 

いかにボディラインがきれいでも、脇毛が生えていればがっかりします。

 

家庭用脱毛器は、カミソリによる剃毛にかわり、自宅でできる脇毛処理の効率的な方法と見なされつつあります。

 

カミソリで剃ったり、クリームで脱毛しても、数日後にはムダ毛が再生して、せっかくのつるつるの肌にムダ毛が目立つようになります。

 

脱毛器を利用することで、毛根部分からムダ毛を除去できるため、再生サイクルが遅くなります。

 

家庭で用いる脱毛器の場合は、ムダ毛を引き抜くために電動ローラーを用いるバージョンと、エステで使うような高周波を使う脱毛があります。

 

家庭用の脱毛器はエステで使うものより低出力で、安全性を高めて家庭でも使えるようにしています。

 

レーザーや、高周波を使う家庭用脱毛器は価格がどうしても高くなりますが、エステで脱毛コースを利用するよりは低価格です。

 

脇毛は太く、抜きにくいものが多いので、家庭用脱毛器も脇毛の脱毛ができるくらいの出力が出るものを、あらかじめ選んでおくことが大事です。

 

価格面でも、時間拘束といった点でも、家庭用の脱毛器はエステよりも便利です。

 

脱毛器を用いたムダ毛処理をしたいという時は、肌トラブルが起きることもありますので、気をつける必要があります。


脇の脱毛方法について

脇毛をどんな方法で脱毛すべきか、迷っているという人は大勢いるのではないでしょうか。

 

カミソリや電気シェーバー、脱毛クリームなど自宅でできる脱毛方法は色々あります。

 

けれども、幾度脱毛をしても、何日か経過すれば以前と変わらないムダ毛が生えてくることに、脱毛ケアが億劫になっている人もいます。

 

お肌がカミソリに負けてしまい、赤く腫れたり、化膿の原因になって、脱毛処理自体が難しくなってしまう人もいます。

 

一旦剃ったムダ毛が再生することがないように、エステで永久脱毛をしてもらって、お肌をきれいにする方もいます。

 

この頃は、脱毛に関する技術も進歩しているため、エステでの脱毛もリーズナブルになりました。

 

剃った毛の再生にはヘアサイクルが存在するため、1回の施術では永久脱毛施術は終わりません。

 

エステの脱毛コースは、受ける回数に比例して脇がつるつるになっていきます。

 

エステの永久脱毛は、毛の再生を完全に抑えられるようになるまで、1年は施術を継続することです。

 

数あるエステの中からどこのエステを選ぶかは、永久脱毛を受ける時には大事なことです。

 

あまり考えずにエステを選ぶと、施術内容が十分でないこともあります。

 

経営が思わしくないエステで施術を受けると、アフターケアが必要になった時に、エステがもう存在しない可能性があります。

 

エステ選びになれないうちは、一定の知名度があって、支店を複数持っているようなエステで脇の脱毛をしてもらうといいでしょう。

医療機関での脇の脱毛

近年では、脇のムダ毛を脱毛する時にレーザーや光を使うことが多くなっています。

 

レーザー脱毛とは、毛の再生を行っている毛根にレーザーの光を照射し、新しい毛をつくれない状態にすることです。

 

レーザー脱毛のいいところは、現在、生えている毛を処理すると、ムダ毛の再生がされなくなることです。

 

最近では家庭用脱毛器でも永久脱毛が可能ですが、医療施設や、エステの永久脱毛コースを受けて、脱毛施術をしてもらう方法が、注目されています。

 

病院で脱毛をしてもらえるのは、脱毛が医療行為の一つと見なされるためです。

 

ですが、医療施設で脱毛施術をしてもらっても、保険は使えませんので、自己負担となります。

 

どの医療施設で脱毛をしてもらうかによっても、金銭的な違いがあります。

 

金額はエステのほうが安く済みますし、エステならキャンペーン等を行っている場合もあります。

 

エステではレーザーに匹敵する高出力の器機での脱毛はできませんので、脱毛力は医療機関の方が優れています。

 

医療クリニックなら、高出力のレーザーでの脱毛が可能です。

 

けれども、肌へのダメージややけどなどのトラブルは、出力が強いほうが起きやすくなります。

 

医療機関で脇の永久脱毛をしてもらった場合、レーザーによる皮膚にかかる負担は大きいですが、万が一何かあった時にはすぐに治療を受けることができます。

page top