肌トラブルと原因~肌荒れ~

肌トラブルと原因~肌荒れ~

肌トラブル

 

肌のキメが粗くなりカサカサする、赤くなるニキビ吹き出物ができているなどの状態を肌荒れといいます。
肌の角質の機能が低下して肌が荒れしてしまうのです。

 

肌荒れのメカニズム原因改善方法を理解し適切なケアをすることによって症状が悪化するのを防ぐことができますよ。

 

 

肌荒れとは

肌荒れとは肌のキメが粗くなって毛穴が目立つようになる、カサカサする、ニキビ吹き出物ができるなどの肌トラブルの事です。

 

肌が荒れてくるとカサツキ始めるので、カサツキが気になり始めたら早めに対処しましょう。
そのままにしておくと症状が悪化する可能性もあります。

 

肌荒れのメカニズム

肌荒れが悪化すると肌の皮膚がむけてしまい、粉をふいてきます。
肌がかゆいからと言って手で触っていると皮膚がただれたり、切れてしまうなどの悪化につながります。

 

肌はボロボロになってしまいキメは荒く、潤いのない肌になってしまいます。
古い角質が皮膚表面に残ることで角質化はすすみバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けると肌が傷つきやすくなって肌荒れが起こります。

 

肌のバリア機能が崩れることによって肌がヒリヒリしたりかゆみを引き起こしてしまうのです。

 

肌荒れの原因

肌トラブル

 

肌荒れには内的要因外的要因があります。

 

内的要因

・皮膚の新陳代謝の悪化
・便秘
・睡眠不足
・ストレス
・ホルモンバランスの乱れ
・生活習慣が不規則

 

外的要因

・日常的な乾燥
・肌に合わない化粧品を使用する
・紫外線をたくさん浴びてしまう

 

いずれも肌荒れの症状を改善する方法を取り入れることによって肌トラブルを防ぎましょう。

 

肌荒れの改善方法

肌荒れが起きてしまったら早めに改善することを心掛けましょう。

 

バランスのよい食事を心掛ける

食事は偏らずにバランスよく摂取しましょう。
食物繊維を積極的に摂ることで肌荒れの原因となる便秘の予防にもつながります。

 

睡眠時間をしっかりと摂る

肌は眠っている間に脳下垂体から分泌される成長ホルモンで修復されるためしっかりと睡眠時間を取ることが大切です。

 

紫外線対策

紫外線を防ぐために出かける時は帽子をかぶる、日傘を使用する、日焼け止めを塗るなどの紫外線から肌を守る対策が必要です。

 

気分転換を行う

ストレスをため込まないために適度にストレスを発散しましょう。
軽い運動をしたり、天気のいい日に散歩に出かける、映画を見に行くなどをすることによって気分転換になりストレスの発散につながります。

 

正しいスキンケア

洗顔する時にゴシゴシ洗いをせずに洗顔後は優しく拭く。
刺激が少なく自分の肌に合った化粧品を使うようにしましょう。
しっかりと保湿をすることによってバリア機能を補うなどの点に気をつけたケアをしましょう。

 

運動

運動を続けて行うことで新陳代謝も良くなりターンオーバーも正常に行なわれます。
ターンオーバーが正常になると新しい肌が次々と生み出されて荒れてしまった古い角質はどんどんはがれ落ちていきます。

 

運動をすることによって肌荒れの原因でもある便秘の解消にもつながります。

 

肌荒れのまとめ

肌荒れは肌の角質機能が低下することによっておこります。
角質機能は様々な原因で低下することがありますので、肌のカサツキが気になり始めたら注意が必要です。

page top